モバイルルーターをオススメする3つの理由

インターネットを利用するためには回線の契約をしなければなりません。その回線には大きく分けてモバイル回線と固定回線があります。モバイル回線はモバイルルーターや携帯電話の4G回線などですが、固定回線は光ファイーバーやADSLなどがあります。

現在ではすでにインターネット端末を持ち歩いて、インターネットを利用する時代になっていますので、外出時にインターネットを利用したい、または外出時のインターネットの利用が多いという人にはモバイルルーターを利用することがオススメです。
モバイルルーターをオススメできる理由は3つあります。。一つ目はモバイルルーターは持ち運びに便利であることです。100グラム程度の小型のモバイルルーターは重くもありませんし、かさばることもありません。

二つ目にはモバイルルーターは回線契約をすれば固定回線のように工事が必要でないので、すぐに利用することができます。固定回線と比べて面倒が少なく使い始めることができます。

ただし、モバイルルーターでは固定回線よりもスピードは遅いので、インターネットのヘビーユーザーには合わないかもしれません。

格安スマホの通話料金節約術

格安スマホ最大のメリットは月額料金にありますが、無料通話がないのが弱点です。
無料通話アプリでの通話なら無料ですが、普通に電話するのに比べると音声品質はかなり劣ります。
かといって普通に電話すると、20円/30秒と高めの通話料金になるので、うかつに長電話してしまうと月額料金がバカ高くなるという本末転倒となります。

そこで通話料金を節約して格安スマホを安く利用する方法をご紹介してみます。

まず無料通話プランを用意してる格安スマホ会社を選ぶことです。

楽天モバイルは5分間無料通話、Ymobileは10分間無料通話(月300回まで)とかけ放題プラン、FREETELは一分掛け放題の3社です。

無料ではないですが、BIGLOBEとトーンモバイルは60分/月の通話パックを用意してます。

普通の電話機能を使う方は、通話状況に合わせて会社を選ぶのがベストです。
様々な会社が格安スマホを展開しているので参考にしてみてください。

ちなみに、楽天モバイルの5分無料通話は850円というオプション料金がかかります。

5分を超えると通話料金が発生しますが、回数制限はないので通話は短時間って方にはお勧めです。

Ymobileは300回の回数制限のある10分無料通話と完全かけ放題の2種用意されています。

10分無料通話はデフォでついてるのでオプション代とかかかりませんが、その分月額利用料金が他の格安スマホ会社より若干高めです。楽天モバイルの5分無料通話だと不安だって方にお勧めです。

もう一つの無料通話プラン、完全無料通話は回数・時間に制限はなく、キャリアのかけ放題と同じなので思いっきり通話したい方にお勧めです。オプション代も1000円と安めです。

無料ではないがパック通話となってるのがBIGLOBEとトーンモバイルの2社です。

BIGLOBEは650円、トーンモバイルは500円で60分/月の無料通話パックがあります。

こちらは楽天モバイルやYmobileのように一回の通話時間に制限はありません。

普段あまり電話はしないが、電話すると長話になってしまうって方にお勧めです。

格安スマホは通話料金が高いので、通話をよくする方はこういった工夫をするのがお勧めです。

格安スマホとガラケーの2台持ちで通信料金を節約しよう

携帯電話会社のスマホを使っている方は、通話料金が高くついたり、スマホの形状から通話がしにくかったりという問題を抱えているのではないでしょうか。
また、ガラケーやスマホを使っている方も、機能が制限されて使いにくい思いをしている方もいるのではないでしょうか。
思い切って、格安スマホとキャリアのガラケーかスマホと2台持ちで使ってみるといいかもしれません。
ガラケーやスマホを持つことで、キャリアメールが使えます。
また、通常はあまり必要ないかもしれませんが、家族で同じ携帯電話会社を使っている場合、ショートメッセージサービスを無料でやり取りができ、使いやすい場合があります。
手持ちのキャリアのスマホを格安に利用できる場合は、MNPサービスを利用し、そのまま電話番号を引き継げますので、格安SIMカードのみ購入してセットし、利用できます。
安価なガラケーやスマホを購入して、通話料金の無料プランと、キャリアメールのやり取りができるくらいの最小限のパケット代のプランに変更するといいでしょう。
ガラケーやスマホを使っている場合は、インターネット利用の料金プランを一番低い金額に見直し、格安スマホに申し込みをするといいでしょう。
ガラケーやスマホは、通話専用、キャリアメールを少しやり取りする程度くらいにすると、料金をかなり抑えることができます。
この際、格安スマホの料金プランは、音声通話ができるSIMカードではなく、データ通信プランを利用するのがポイントです。
どうしても音声通話用のSIMカードを選ぶと料金が高くなりがちですし、各社とも無料通話等のプランが充実していないことが多いです。
スマホは割りきって、インターネットでの利用に絞った方が月々の料金が節約できます。
2台持ちのメリットを最大限利用するには、使い分けを徹底するようにしましょう。